会社のホームページのアクセス数が増えないと言われましても


会社のホームページを作って少し時間が経つと、だいたい上司から「ホームページのアクセス数」の事を言われて困っているウェブ担当者さんがいます。

ほとんどの担当者さんは「何もしない人が訳の分からない事を言わないで」と言いたそうな顔してるのを見かけます。

スポンサーリンク

努力すればホームページのアクセス数が増えるのか?

会社のホームページで、アクセス数が何とかかんとかって言ってくる人っていうのがだいたいが知ったかぶりの上司ってパターンが多いようですね。

的確なアドバイスでもくれるならまだしも、どこで仕入れたか分からないSEOなんていう言葉を出してきて説明してくれるのですが訳わかんない事しか言わないようです。

正直、しっかり理解できてればその人が担当すれば良いだけなんですけどね・・・。

だいたい最後にいう言葉が、お前の努力が足りないからアクセス数がとか言われてると思うんですよね、努力で何とかなるならもうアクセス数は伸びてますってね!

会社のホームページのアクセス数を向上するには

ホームページの担当者になるような人なら検索エンジンに登録する?って事は良くわかっていると思います、ただ検索エンジンに登録しただけではアクセス数は向上しません。

会社に御用がある人には、この検索エンジンは有効かもしれませんが会社ではなく「商品」や「サービス」を探している人には、なかなか見つけることは難しいと思います。

まず、検索エンジンで目的の物を探したとして最初にでてくるなんてお金の掛けていないと殆ど無理だと思います、会社からそれなりの予算でも出してもらえれば良いのですけどチョット無理っぽいでしょうね。

ホームページを作るのにも予算がギリギリだったり、多少の知識があるから社員に作ってみろとか言う上司が相手ならお金なんか掛けられる訳がないですよね。

そんなウェブ担当者が出来ることは

なんでもいいから「ホームページの更新」をするという事です、チョットした会社のお知らせ等を決まった日時にホームページを更新することです。

どんなに頑張っても、お金のかかったホームページと競争なんてできないのでホームページの記事数を増やして検索エンジンにインデックスしてもらう事で会社のホームページを見つけやすくします。

ブログのランキングサイト等に登録するの良いと思います、ホームページの入り口を増やす意味で「検索エンジン」「ランキングサイト」に登録しながら記事を増やすことがアクセス数を向上につながってくると思います。

また、ランキングサイト等だと会社のホームページへのファンができる可能性も無いとは言えません、面白い記事や為になる記事を投稿しているとリピーターができたりします。

会社の面白い記事や為になる記事って

よく聞かれますが「面白い記事」「為になる記事」とは、自分の会社では当たり前の事でも一般の人には当たり前では無いって事をです。

いい例として「秘密のケンミンショー」というバラエティー番組で、他県の常識が自分の住んでる県とは違うってことが沢山あります、そのことを自分の会社へあてはめて考えると良いかもしれませんね。

当たり前のことを当たり前に書ける(記事にできる)って事が、アクセス数をどうにかって事につながってくると思いますよ。

会社でホームページの担当になると大変な事が沢山ありますが全部自分のための勉強だと思って頑張ってください。

最後に、どうしてもお手本が欲しくなったら

簡単にお手本が見つかると思います、探し出すのはアフィリエイトサイトを見つけてみると良いかもしれませんね、ホームページの構成から更新の記事の書き方等勉強になると思います。

実際にお金を稼いでいるサイトですからタダで勉強できるって事ですから・・・。

スポンサーリンク