会社のウェブ担当者になったら絶対読んだ方が良い本のおススメ。

会社のウェブ担当者になったら絶対読んだ方が良い本のおススメ。 ホームページ

ある日突然会社の上司から「〇〇君、今日からホームページの管理を担当してくれないか?」なんて言われて困ってるなんて事ありませんか!
少しぐらいインターネットでホームページの観覧ができたり、メールの受送信ができるとか、なかにはキーボードが打てるってだけでなにも知識が無いのに「Web担当者」にって話を聞きます。

上司から言われればイヤ!とは言えず仕方なくWeb担当者になってしまったなんて時は、先ずは専門書でも読んでその場をしのぐなんて時に役立つWeb担当者向けの本をチョットだけご紹介します。

スポンサーリンク

パソコンにちょっと詳しい程度でも

いきなり会社で「ホームページの担当者」に任命されても、なにも知識が無いから無理なんて思ってませんか?
大丈夫です、最初はだれでも右も左もわからずに「ホームページの担当者」ってヤツをやっているんです、情報もインターネット上や書籍関連と一昔前では考えられないくらいの情報量があり、何を選べばと迷ったら先ずは専門書でも読んでみては。

Webの事は右も左もっていう時に

ホームページは、作ったら終わりでは無くて出来上がってからが始まりになるって事が少しは理解できる本です。

Web担当になったら読んでみるといいでしょう。

記事を書くにもお手本が必要と思ったらこの本。

webマーケティングの初心者に教科書的な本になるでしょう。

専門書を読んだからと言って

本が全てではありません、自身のやり方ってモノがあり何事も trial and error (トライアル・アンド・エラー)試行錯誤って事になり、やってみてダメなら少し違った角度から工夫してみるのが良いでしょうね、コレが間違いでコレが正解なんてやってからの結論ですから。

失敗しても何処で回避するか、そこからどういう風に立て直すかが大切だと思います。