SSL証明書でHTTPS化して、ついでにwwwを付けてみた。

SSL証明書でHTTPS化して、ついでにwwwを付けてみた。
SSL証明書とかHTTPSとかってなんですか?って事なんですがね!
個人的なホームページとかなら別に必要ないでしょうが、これが会社のホームページともなれば有ったらいいなとか、付いてたらいいのにと思います。

このホームページには是非必要って分けではないですけど・・・。

スポンサーリンク

企業のホームページとかなら導入した方が

SSL証明書で通信データの暗号化をしておいた方が良いと思います、お問い合せのフォームから送信されたデータをSSL通信によって暗号化して安全に送受信ができるからです。

ホームページ所有者の確認がホームページを運営する会社で身元が確認でき、またそのホームページの所有者であることを認証局が第三者機関として証明してくれます。

SSLは情報を守りホームページの信頼性等の証明にもなるものです、最近ではGoogleもSSLの使用を公式に推奨しています。

ここまではSSL証明書でHTTPS化してホームページ作りましょうと言ってるホームページ屋さんのお話です、私としてみると「SSL証明書」「HTTPS化」なんてまだ全て必要だとは思ってません、お問い合せフォーム等があって何かしらの情報を送受信しないホームページなら「信頼性等の証明」だけなので今のままで十分だと思います。

SSL対応でHTTPS化にもけっこうお金がかかりますからね!

ホームページにフォームメール等が

こういう場合は「SSL証明書でHTTPS化」しておいた方が良いと思います、ブラウザとサーバーのデータ通信が暗号化されるので安心してフォームメール等が使えます。

お問い合せのフォームに名前や住所や電話番号を入力しても暗号化され、大事な情報を送った方も受取った方も安心してやり取りができるという事です。

お問い合せのフォームからのメールは、滅多にないからわざわざHTTPS化なんてと思ってませんか?

それは逆に、お問い合せのフォームからのメールが少ない方が問題ありかもしれませんよ?

ドメインの前にwwwを付けたのは

ドメインに「www」が有っても無くても大きな意味は無いようです、世間では「www」が付いてるとSEO的に・・・とか言われているようですが正直あまり関係ないようです。

ではなぜ今さら「www」を付けたのか?理由は何にもありません、ただ「www」が付いてる方がドメインぽいかな~ってだけです、このホームページ自体がコンテンツも少ないので大きな手間もかからず変えられましたけどね。

「SSL証明書でHTTPS化」してついでにyanchado.comからwww.yanchado.comへ・・・変わらんなぁ~。

会社のホームページだったら「SSL証明書でHTTPS化」してみたらいかがでしょう!
最近では以前よりは料金の安いところも沢山ありますから用途に合ったモノを選んでくださいね。



スポンサーリンク