WordPressの新しいバージョンがあります。て管理画面にでていたら

WordPressの新しいバージョンがあります。て管理画面にでていたら
WordPressで記事を投稿しようと思ったら、管理画面に「WordPressの新しいバージョンがあります。」てでていませんか?
最初から全部自身でインストールしたホームページなら分かっているとは思いますが・・・。

ひと様に頼んで作ってもらったホームページだと・・・。

スポンサーリンク

新しいバージョンがあったら迷うことなく

「今すぐ更新」のボタンをクリック!新しいバージョンにした方が良いですよ、古いままだと何かと面倒なことになることがありますからね。

本来なら「データベース」と「ファイル」をバックアップしてと言ってますので「データベース」は「phpMyAdmin」でバックアップして、「ファイル」類は「FTP」ソフトでサーバーから直接ダウンロードとなるのですが知識が無いとサッパリ?ですね。

そんな時に・・・

丸ごとバックアップできるプラグイン

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップをするという事です、最初にこのプラグイン「BackWPUp」ていうヤツをWordPressにインストールする所から始まります。

詳しくは下記のサイト参照でお願いします。

とても親切で丁寧に書かれていますのでここで説明するより良いかと・・・

私の場合は、手動でサーバーから「ファイル」をダウンロードして「データベース」は「phpMyAdmin」でバックアップといった感じで新しいバージョンがあるたびに行っています。

面倒と言えば面倒ですね、「BackWPUp」というプラグインを使う事で簡単にできるようになるならチョット使ってみようかなぁ~っと。

便利なプラグインを使えるのっても「WordPress」の良いところですね。

アップデートをしないとどうなるでしょう?

古いバージョンを使っていると、WordPressの脆弱性を突かれるリスクと常に隣り合わせの状態になりますって言ったところで、小難しい「脆弱性」だの「リスク」だの分かっている人には説明もつきますが全く分からない人にはなんと説明するのがいいのか・・・?

DoS攻撃・XSS (クロスサイトスクリプティング)・CSRF (クロスサイトリクエストフォージェリ)・SQLインジェクション・不適切な認証・アクセス制御とあります、これをよく理解していない人に説明するのは面倒になるので簡単な言葉で「サーバーの負荷が高まる」だとか「悪意あるプログラムの書き込み」だとか「ログイン情報の暴露」とか「サイトの改ざん」等と説明してます。

まあ何れにしろ「WordPressの新しいバージョンがあります。」と出ていたら「今すぐ更新」ボタンをクリックした方が良いですよ。

中小企業の、ホームページを担当をしている人はある程度の知識があると思いますが理由がない以上はプログラムの更新はしてくださいね。

WordPressの本を一冊持っていれば何とかなりそうですけどね・・・。

スポンサーリンク